12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
【周期1日目】待ちに待った生理。
基礎体温、今朝も計るの忘れてしまいました(汗)
明日からきっと…。

昨日の夜、トイレに入ったときほんのわずかペーパーが汚れる感じだったので、ナプキンを使い始め、今朝起きるとやってきてました(笑)

ようやく、再度スタートラインに立った感じ。

仕切り直しで、年頭の予定より25日ズレちゃったけど、旅行ではそれに値するぐらいのリフレッシュもできたし。

気合い入れすぎずに、挑むのが一番良いって、去年10月のETでよっくわかったから、のんびりお気楽に挑戦します。

もちろん当日は毛糸のパンツとタイツで、重装備でクリニック往復しますけど(*'-')
スポンサーサイト
テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活
不妊治療トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
【リセット中】まだ生理待ち。
まだ生理始まっていません。
予定では、週末の間に始まるんじゃないかなぁ…と思っていたのですが、まだ。

治療をしてて、この期間が一番もどかしいといえばもどかしい。

もちろん判定待ちの期間もなんともいえない、気持ちで過ごすんだけど。

流産後、妊娠しやすくなるという話をよく聞きますが、その理由はお腹の中が一旦キレイになるせいで着床率がアップする、ということかららしいです。

あと、例えば高齢出産の人なんかは、妊娠→流産の過程で体が『出産』に対する女性本来の機能を思い出すなんて話もあるらしいです。
確かに、流産後最初の生理(1/6~)はここ数年来とは違って、量も多く、期間も4日目からは少なかったものの1週間ありました。


今度の生理もリセットとはいえ、期待できるといいな。
何かの本に『良い生理が良い内膜を作る』って書いてたので。


そうそう…旅行のスケジュールとうまくあわずに、一旦リセットすることになってから、実は基礎体温さぼっています(汗)
旅行にもちゃんと婦人体温計は持参したんだけれど…帰ってきてからも実はつけてません。ちゃんと計らなくちゃ…。うん、明日から☆

ちなみに今日は、日中ちょっと熱っぽい…風邪でも引いたのかしら。

今あわてて体温計ると、口中で36.98度。
温かくしておこう。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活
不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
【リセット中】生理待ち。
プラノバール2週間分が1/24で飲み終わりました。
テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活
不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
【リセット中】旅行から帰ってきました。
1週間の海外旅行から、無事帰国しました。
ただいま、日焼けのあとの脱皮中

実は旅行の数日前にクリニックへ行ってきました。
「先生~来週から旅行です~」
一応、日程は先生に相談して決めたんだけれど、体温表や過去のカルテなんか見て
「うーん、これは困ったな」

どうやら、このまま行くと旅行の後半がちょうどクリニックで注射をする時期に重なるとのこと…。でも、先生はほんの1秒考えて(笑)
「よし!行ってらっしゃい。湿布はまだ昨日からだね。だったらもったいないと思わずに今のうちすぐにリセットしよう」
この先生と2年つきあってきて、とてもおっとりした静かな先生なんですが、この決断力の潔さが頼もしいです。
「しっかり楽しんできて」
そう言ってくれたので、逆に気持ちが楽になりました。

プラノバールを14日分処方して貰い、1日1錠。
たぶん1/25ぐらいから次の生理が起きます。…となると、移植は2月の中旬。バレンタインの頃です。

前回の移植が、ダンナさんの誕生日前日で、どういうわけかなんとなく心強かったんですが、今回もそんな気がします。

ダンナさんにいいバレンタインプレゼントになるといいな
もっとも、結果が分かるのはその半月後だけど(笑)

うまく言ったらお雛様の頃が、判定かな。


こういうポジティブな気持ちばかり沸いてくるのは、気持ちがどんどん切り替わった証拠ですよね。


リラックスリラックス。
テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活
不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
【周期1日目】いよいよ再挑戦。
いよいよ流産後、初めての生理が始まりました
ようやく気持ちが立ち直り、再挑戦に向き始めてから、この日を待ちかねていた感じでした。

通常わたしは、自然周期で40~42日ぐらい。だからてっきり10日頃から始まるか…と思っていたら、先生の予想どおり。

中旬から毎年恒例の南の島に行ってきます。
この日本が寒い時期に、赤道近くの島で1週間、波乗りしたりビーチで寝ころんで読書したり。これがダンナさんがわたしと結婚する前からずっと続いている楽しみです。

去年は波乗りでバリ島でしたが、今回は何にもしないで美味しいモノ食べて、エステやマッサージだけで過ごしてきます。そしてリフレッシュして、頑張りたいと思います。


今回の治療は基本的には、前回妊娠に至ったパターンに沿って進むことになりそうです。

周期4日目から湿布薬(エストラダーム)を1日4枚(途中で内膜の様子を見ながら3枚に減るかも)。これは毎日張り替えます。エストラダームは更年期障害などの治療では1枚を1日起きに張り替えるパターンが多いらしいのですが、不妊治療に使う際はその人にあった枚数を先生が設定してくれるもの。
そして飲み薬は、やはり周期4日目からプレマリン(1日2回/各1錠)を2週間。

前回は、プレマリンが飲み終わる14日目(周期17日目)に病院へ行き、2日続けてプロゲストン50を打って貰いました。同時にデュファストン(1日3回)の服用が始まり、周期20日目の夜に卵ちゃんのお話を聞きに行きました。

で、移植は周期22日目。

実はこのとき、気持ち的に治療に疲れ果てていたのか、あきらめていたのか、これまで2年間通院のたびに書き留めていた、使われた注射のことや先生のお話など、ほとんど手帳に書き止めていません。

かろうじて、基礎体温表と数行のメモだけ頼りに、今回のスケジュールに当てはめてみました。

移植はたぶん月末近くになるんじゃないかなぁ…。

今回は心強い新兵器(笑)、プラセンタカプセルの効果も期待したいところ

とにかく、前向きに頑張ってみよう






テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活
不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
注射メモ
プロゲデポ
【プロゲデポー】(酢酸メドロキシプロゲステロン)
125単位/A
■主な作用
プロゲストンと同じ成分で、女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補う薬です。プロゲストンの長期作用型のタイプとなります。


art-drug29.gif

【ヒュメゴン】hMG製剤。
■主な作用:直接卵巣に働きます。FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)が1対1の割合です。
■副作用:hCG注射との組み合わせで、卵巣が腫れる卵巣過剰刺激症候群を引き起こすことがあります。


hcg_5000_p2.jpg

【HCG】<hCG製剤>
■主な作用:排卵を促す。LHサージの変わりです。HCGを注射すると36時間後に排卵すると言われています。5000~10000単位を注射。
■副作用:卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こる場合もあります。



テーマ:不妊 - ジャンル:結婚・家庭生活
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
お薬メモ
デュファストン
【デュファストン】(黄体ホルモン剤)
■主な作用
天然の黄体ホルモンと同じ作用を示します。黄体ホルモンは、排卵後の卵胞から分泌され、受精卵の着床後の準備をする働きがあるので、妊娠の維持に必要です。この薬は、黄体ホルモンの作用があり、乳腺の発育を促進し、子宮の筋肉を弛緩するので、妊娠を維持するために好ましい状態を作ります。黄体機能不全に基ずく不妊症、月経異常症、子宮内膜症、切迫流産、習慣性早流産などに用いられます。
■副作用など
発疹などの過剰症状、食欲不振、吐き気などがおこることがあります。


art-drug13.gif
【プロゲストン】(酢酸メドロキシプロゲステロン) 
50単位/A   
25単位/A
■主な作用
女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補う薬です。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌されます。
子宮内膜を充実させ、受精卵が着床しやすい状態にします。この期間は体温が上昇する高温期(黄体期)です。
さらに、着床後も分泌が続き、妊娠を維持する働きをします。
このお注射は、黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。
生理不順や無月経、機能性子宮出血(器質的に異常のない予定外の出血)、黄体ホルモンの不足による不妊症、さらには流産の防止薬とします。
■副作用など
まれに、吐き気・むくみ・食欲不振などがおこる事があります。


エストーラ
【エストラーナ】(経皮投与)
■主な作用
更年期障害、泌尿生殖器萎縮症状、骨粗鬆症などに


プレマリン
プレマリン
■主な作用
卵巣機能不全、更年期障害、膣炎などに

art-drug28.gif
【ブセレキュア】(GnRH点鼻薬)
■主な作用:下垂体の性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の分泌を刺激するホルモン(GnRH)の誘導体で、この薬を反復して用いると、性腺刺激ホルモンと卵巣ホルモンの産生・分泌も減ってきます。この作用によって、異常な子宮内膜の症状を改善します。中枢性思春期早発症にも用います。
■副作用:ときに顔のほてり、外陰部のかゆみ、腟乾燥、こしけ、不正出血、乳房の萎縮、声変わり、多毛、体重増加、むくみ、つかれ、吐き気、食欲不振、便通不順、頭痛、めまい、性欲減退、うつ気分、ときに血小板減少、呼吸困難などの症状が現れることがあります。まれに骨髄障害、卵巣のう胞破裂などの重篤な副作用や、肝障害や糖尿病の増悪の報告もあります。
■服用上の注意:一般的には1噴霧を左右鼻腔に1日3~6回しますが、用い方は医師の指導をよく守りましょう。吸収をよくするため、使用する前に鼻をかむとよいでしょう。

トウキシャクヤクサン
【当帰芍薬散】
ツムラ23 貧血・倦怠感・月経不順・月経困難・不妊症などに
テーマ:不妊 - ジャンル:結婚・家庭生活
未分類】 | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。