06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
周期28日目。
高温期7日目…36.86度

* 自宅でのんびり *

出血なし。夜、少しだけ乳白色のおりもの。

昼間1時間ぐらい寝たのに、夜はぐっすり。
トイレに2回起きてお茶を飲んでまたすぐに寝付く。

レッグウォーマーをつけたまま眠ったけれど、かかとがついてないタイプなのでそんなに気にならなかった。

スポンサーサイト
不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期27日目。【少し出血】
高温期6日目…36.94度

* クリニック(注射のみ) *
     プロゲストロン50

ET後のお注射もとうとう4回目。今回はまたプロゲストロン。

今日は本来クリニックが外来休日で、注射と処置の必要な人だけの日。
予約はAM7:45だったので自宅出発は7時ちょっと過ぎ。夜あまり寝付けなかったので、4時間程度の睡眠で辛かった…でもこうして休日も、わたしたちのために交代で病院を開けてくれていると思うと、文句も言ってられません。

実際このクリニックの先生は、完全に丸1日お休みなんてお正月とお盆に3日ずつ取れるかどうかって感じで、普段は朝早くから夜遅くまで(お昼なんて食べてる暇ないかも)、土日も診察や手術・夫婦での相談日などで、ちゃんと食事しているのか、睡眠を取れているのかさえ不明。とても優しい先生で、IVFの成功率も他所より高いので、わたしもここにずっと通ってているんだけど、どうかお体だけは気をつけて頂きたいです(*'-')

帰宅したらまだAM9時過ぎで、一眠り。と思ったら、ダンナさんとちょっとケンカ。
実際、移植後はたまにわたしが夕食を作るだけで、その他の家事をほとんどしてくれているし、よくやってくれているんだけど。わたしがナーバスになり過ぎているせいもあり、とうとう…(>ω<*) あまりエキサイトするのも嫌なので、プイと寝室に籠もって寝てました。

そのせいではないけれど、夕方トイレに行っておしっこのあと拭くと、少し出血。(鮮血がおそえると少しつく程度。下着は汚れていませんでした)
着床出血かと思ったり、いや着床出血は茶色のおりものとか、うっすらピンクとか言うのに…と思って動揺。
またダンナさんにあたり散らしてしまいました。(反省)もう仲直りしたけれどね^^;

うちのダンナさんはとても優しくて、いろいろしてくれるんだけど、たまにポコッと悪気なしにデリカシーのないことをしてしまいます。で、言うととっても反省して「これから気をつけるね」と言ってくれるんだけど、また同じコトしてわたしに怒られちゃったり。

出血についてネットでいろいろ調べると、着床出血は茶おり&薄いピンク&少量の鮮血の場合もあるとあったので、とりあえず大人しく寝ておきました。

8/1(火)がET後5回目の注射で、本来は内診はないのですが、受付の時ちょっと聞いてみます。
で気になったら内診して貰います。待ち時間考えて、少し早めに行こう…。


不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期26日目。
高温期7日目…37.13度

* 自宅でのんびり *

この日は午後からダンナさんとお買い物に行きました。
ゆっくりゆっくり歩いてくれるので、つかの間の妊婦気分を胆嚢しました(笑)
実際ちょっとお腹が腹水溜まってるのか、太ったのかサイズupして、見た目的にも…ヤバイです。

体温が初の37度超えで嬉しい。
もともと体温が低く、「こんかいはよく上がったね~」と先生に言われたときの高温期でさえ、37度台までは達してなかったりなので、わたしにしたら上出来。エアコン切って暑かったせいもあると思うけど。

不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期25日目。
高温期6日目…36.75度

* クリニック(注射&内診) *
     プレグニール5000

今回の注射はhCGと同じ効果のものだそう。
前回の内診の時、モニターに出た数値が
 52.6mm/54.5mm
だったけれど、今日は
 50.7mm/47.1mm
でした。「お腹が腫れ気味」と言われたのだけど、これって子宮のこと?
数値が小さくなってるから、きっとお茶やアクエリアスいっぱい飲んでトイレ通った効果かな(*'-')

不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期24日目。
高温期5日目…36.68度

* 自宅でのんびり *

不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期23日目。
高温期4日目…36.66度

* クリニック(注射のみ) *
     プロゲストロン50

とても暑い日。

午前の診療ギリギリに着いたので、帰りにご飯を食べて帰ってきました。
昨日はお給料日だし…と思って、自分にご褒美。ひとりでお寿司食べてきました(笑)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆

次にクリニックへ行くのは、金曜日。内診があります。
判定は8月7日の予定なのですが、ドキドキです。

移植の後からずっと子宮がたまにシクシク痛いです。排卵痛みたいな感じのが。
右下腹、下腹中央 左下腹と、そのときによってこの3ヶ所のどこかが痛い感じ。そう長く続くわけではないし、ガマンできない痛みでもないのですが。

冷やしてはいけないと思い、5本指靴下履いて寝てます(笑)
エアコンも隣の部屋のを室温設定28度でつけて、隣の部屋から扇風機で風を巡回させてる感じ。
お腹にはお腹専用にタオルケット。そして羽布団。うだるような暑さの中、お茶を何度も補給しつつ眠ってます。


不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期22日目。
高温期3日目…36.62度

* 自宅でのんびり *

お風呂をぬるめにして1時間半。アロマオイルはラベンダー。
食事作りなと復帰。がやはり、食後はグッタリしてしまい、早めの21時には就寝。

不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期21日目。
高温期2日目…36.74度

* クリニック(注射のみ) *
     プロゲストロン50

朝は熱が36度台と調子よかったのに、クリニックから戻るとまたぐったり。
熱が出たり下がったり。
やはり家事はほぼ放棄。
ダンナさんがご飯の仕度&洗濯もしてくれました(涙)

不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期20日目。
高温期1日目…36.73度

* 自宅でのんびり *
風邪の諸症状&熱が38度超え。とにかく水分取って温かく(暑く)して眠り続けました。
家事は一切放棄。
ダンナさんがご飯の仕度などしてくれました(涙)

不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
周期19日目【IVF移植当日】。
午後3時半から移植。

術着に着替えて、治療台に。少しも痛くないと聞いていたけれど、ちょっとチクチクジワジワと痛い感じ。
スーハースーハーと呼吸を整えながら、天井の模様をひたすら見つめて頑張りました。
管のようなものを入れられてすぐに、卵の管理をしている職員の女性が来て、わたしの名前など先生やナースと確認しあい、いざ卵ちゃん移植。たぶん管からツルルンと入れられた感じ。

なんとも言えない感動でした。

注射:
  プロゲストロン50など (他の名前失念)

治療台で腰をちょっと高くして、20分ちょっとそのまま寝ていました。そのあと安静室で1時間程眠ってから、先生のお話。

前の日記で卵のグレードは「1もある」と言われたと書きましたが、わたしの勘違いでした。

写真付きの(これがちょっと嬉しかった)タマゴカルテのような書類によると、今回移植の卵は3つともグレードはG3。それぞれ8・7・6分割したものでした。

術後の先生の話によると、分割が8・7・6…と並んでいるのは期待できそうだとのこと。
わたしの場合は、年齢のせいで卵の皮が厚いためアシストハッチング(AHA)の処置をした上で移植したとのこと。このクリニックでのAHAはレーザーを使っているそうです。
ちなみに凍結した卵は、9個がG3(4分割)、1個がG3(5分割)とのことです。2回分に分けて凍結とのこと。

「どれもとてもキレイな卵です」と言ってもらえたのが、少しでも心の支えになりそうです。

ダンナさんが休日のため、お迎えに来てくれたので乗換駅で休憩を兼ねて、イタリアンのコースで晩ご飯。最寄り駅からはタクシーで帰宅。

帰宅するとすっかり病人扱いで、お腹にタオルケットをのせて、さらにお布団をかぶり眠りました。



不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
内診。(卵ちゃんのお話)
今日はクリニックに卵ちゃんのお話を聞きに行ってきました。

実は、採卵の日、朝からちょっと変だな…と思っていたのですが、こともあろうにダンナさんの風邪を移されてしまいました。ここ数日、風邪引きさんだったのでチューとかしないようにしてたんですが、出掛ける前にガンバってねのチューしてもらって、多分そのときに…(;´д⊂)

採卵当日の夜は、お腹の痛みでわけがわからない状態。
昨日はお腹のズシーンとした生理痛の何倍かの痛み+風邪の諸症状。トイレに行くにも壁伝いという状態でした。

今日になってずいぶん楽になり、予約時間の13:30にあわせてお出掛け。振動でお腹がズキッとするので、ゆっくりゆっくりまるで妊婦さんのように移動したり。

クリニックで先生のお話を聞きました。
今回15個採卵したうち2個には、精子クンが2匹が特攻してしまい使えないということでした。で、残り13個は無事に受精しているとのこと。卵の質を聞いたら
「グレードは1もいれば、2もいますよ~。でも4以下はいないからね」
ということでした。グレードについて知識がなかったので、帰宅してからさっき調べたのですが、こういうことらしいです。

↓↓↓↓↓↓

胚の質についてはおおよそ5つのグレードを設けています(G1~G5)。受精卵の分割が均等で、周囲にフラグメンテーションが少ないものほどよく、移植する際はグレードの高いものから(G1から順に)選びます。ただし、グレードがよくても100%妊娠するとは限らず、また、グレードが多少悪くても妊娠する場合も少なくありません。妊娠は胚のグレードだけで決まるものではなく、総合的なからだの状態のよしあしが関係していると考えられるからです。ですから、グレードだけに囚われることはなく、あくまで参考程度に考えておくとよいでしょう。

↑↑↑↑↑↑

なるほどぉ~(*゜ω゜*) ということで、明日その中から選ばれた3個を夕方移植してきます。残りの受精卵は3本くらいに分けて凍結してくれるとのことなので、もしもダメだったときはあの卵を育てる日々なしに(あれが一番辛いよね)、あと3回ぐらい挑戦できそうです。

先生に「ちょっとお腹が腫れ気味なので、お水を沢山飲んで、オシッコいっぱいして下さいね。」と言われました。
モニターに出る数字をいつもメモして来るんだけど、いつもは卵胞のサイズだと思うのですが、今回はいつのサイズとちょっと数値が違った。

 52.6mm/54.5mm

なんの数値なんだろう。



■今回、卵を育てる時期に気をつけたこと。

 1.ザクロ濃縮エキス(マンナンライフのが薬局で2500円位)を毎日、水で割って飲んだ。
 2.毎日のつもりが不味くて数日に1度しか実行できなかったけど、養命酒を飲んだ。
 3.当帰芍薬散(これは半年ぐらい処方して貰っています)を忘れず飲んだ。
 4.エアコンはなるべくつけないようにした。
 5.精子クンを採取する前に5日間禁欲して貰った。
   (いつもはダンナさんのガマンが足りなくて、3日ぐらいしか禁欲してくれなかった)
 6.ダンナさんが採精前1週間ぐらいマカを飲んだ。
 7.いつもより広口の容器を貰った(笑)
 8.カナマラさま(川崎・金山神社)にお参りに行った。
 9.ついでに川崎大師にも行った。
10.七夕の短冊にお願いした。(これは去年もしてるけど)
11.親友2人に採卵することと、その日にちを伝えて応援して貰った。
12.実家の母に、いつもより多めに父の仏前にお線香あげるようにお願いしといた。


8~12はもう超常現象ワールドはいっちゃってるかな(汗)
でも、気持ち的にすがるものがあるとね、楽になるでしょ。
だから^^

このぐらいかな…。もしもうまくいったとき、あとに続く人たちの参考になればいいと思って書き留めておきます。
ダメだったら、また何かいい作戦たてなくちゃね(=´∇`=)


それじゃ、おやすみなさい(*'-')


不妊治療トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。