04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
注射メモ
プロゲデポ
【プロゲデポー】(酢酸メドロキシプロゲステロン)
125単位/A
■主な作用
プロゲストンと同じ成分で、女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補う薬です。プロゲストンの長期作用型のタイプとなります。


art-drug29.gif

【ヒュメゴン】hMG製剤。
■主な作用:直接卵巣に働きます。FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)が1対1の割合です。
■副作用:hCG注射との組み合わせで、卵巣が腫れる卵巣過剰刺激症候群を引き起こすことがあります。


hcg_5000_p2.jpg

【HCG】<hCG製剤>
■主な作用:排卵を促す。LHサージの変わりです。HCGを注射すると36時間後に排卵すると言われています。5000~10000単位を注射。
■副作用:卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こる場合もあります。



スポンサーサイト
テーマ:不妊 - ジャンル:結婚・家庭生活
未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
お薬メモ
デュファストン
【デュファストン】(黄体ホルモン剤)
■主な作用
天然の黄体ホルモンと同じ作用を示します。黄体ホルモンは、排卵後の卵胞から分泌され、受精卵の着床後の準備をする働きがあるので、妊娠の維持に必要です。この薬は、黄体ホルモンの作用があり、乳腺の発育を促進し、子宮の筋肉を弛緩するので、妊娠を維持するために好ましい状態を作ります。黄体機能不全に基ずく不妊症、月経異常症、子宮内膜症、切迫流産、習慣性早流産などに用いられます。
■副作用など
発疹などの過剰症状、食欲不振、吐き気などがおこることがあります。


art-drug13.gif
【プロゲストン】(酢酸メドロキシプロゲステロン) 
50単位/A   
25単位/A
■主な作用
女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補う薬です。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌されます。
子宮内膜を充実させ、受精卵が着床しやすい状態にします。この期間は体温が上昇する高温期(黄体期)です。
さらに、着床後も分泌が続き、妊娠を維持する働きをします。
このお注射は、黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。
生理不順や無月経、機能性子宮出血(器質的に異常のない予定外の出血)、黄体ホルモンの不足による不妊症、さらには流産の防止薬とします。
■副作用など
まれに、吐き気・むくみ・食欲不振などがおこる事があります。


エストーラ
【エストラーナ】(経皮投与)
■主な作用
更年期障害、泌尿生殖器萎縮症状、骨粗鬆症などに


プレマリン
プレマリン
■主な作用
卵巣機能不全、更年期障害、膣炎などに

art-drug28.gif
【ブセレキュア】(GnRH点鼻薬)
■主な作用:下垂体の性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の分泌を刺激するホルモン(GnRH)の誘導体で、この薬を反復して用いると、性腺刺激ホルモンと卵巣ホルモンの産生・分泌も減ってきます。この作用によって、異常な子宮内膜の症状を改善します。中枢性思春期早発症にも用います。
■副作用:ときに顔のほてり、外陰部のかゆみ、腟乾燥、こしけ、不正出血、乳房の萎縮、声変わり、多毛、体重増加、むくみ、つかれ、吐き気、食欲不振、便通不順、頭痛、めまい、性欲減退、うつ気分、ときに血小板減少、呼吸困難などの症状が現れることがあります。まれに骨髄障害、卵巣のう胞破裂などの重篤な副作用や、肝障害や糖尿病の増悪の報告もあります。
■服用上の注意:一般的には1噴霧を左右鼻腔に1日3~6回しますが、用い方は医師の指導をよく守りましょう。吸収をよくするため、使用する前に鼻をかむとよいでしょう。

トウキシャクヤクサン
【当帰芍薬散】
ツムラ23 貧血・倦怠感・月経不順・月経困難・不妊症などに
テーマ:不妊 - ジャンル:結婚・家庭生活
未分類】 | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。